5.31 子供の頃、好きな歌手がテレビ番組で歌う時、黒のラジカセをテレビにくっつけてそれを録音した。サーっというノイズ、母親の食器を洗う音や「あんた何やってんの?」という質問までが録音されてしまう。
 録音された音を何度も聞き返す。曲がいい感じで進むが、決まった場所に「ガチャン」や「あんた何やってんの?」が入っている。だから一時、俺の中ではそれらがその曲に必要な要素となってしまった。
 ビデオが欲しいと思った。しかし時は昭和五十年代。ベータとVHS戦争を経て各家庭にビデオデッキが設置されたのは、それから十年前後の時が必要だった。ちなみに我が家にビデオデッキが来たのは1987年、昭和で言うと六十二年。
 ビデオデッキは長い時代皆に愛された。今も必要とはされている。が、時代はそこから卒業し始めている。録音機器としてDVD、それを通り越えてHDDが主流になりつつある。音、映像が全てデジタル。録画されたビデオテープの置き場に困ることもなくなる。ますます「便利」が身の回りを固めてきた。ますます人間は怠惰になるんだろうか。
-------------
5.30 旧日本兵だが、何やら怪しい雰囲気が漂ってきたね。もしかすると偽情報だったかもしれない。今回初めて知ったけど、ああいう仲介屋がいて金銭を要求してくるんだって。お国が違えば感覚も違う。そういう部分でもちゃんと金儲けなんだよな。可哀想なのは家族や親族だよ。六十年分の期待しちゃったから、昨日の今日で偽情報かもしれない!と言われちゃがっかりくるよな〜。でもまだまだ見逃せない話題なので、今後もチェックしていきます。

 今日のテーマソングはなぜかレベッカの「Maybe Tomorrow」。数時間、頭の中でその曲が流れている。レベッカ四枚目のアルバムの最後を飾る抑揚のある名バラードで、途中から入ってくるドラムのタム回しが特徴的。そういえば友達から借りていたドラムで真似して叩いたっけ。
 この曲、かなり音程が低い部分があるので、ボーカルのNOKKOさんは歌入れに苦労したに違いない。当時、中学生ながらに「あ、低い部分の音程が・・・」と思っちゃった記憶がある。でも後半に伸びのある高音がきて一件落着なのよ。かなり長く伸ばしているから、カラオケで素人が歌っても息が続かない。一度お試しあれ。
------------
5.29 初めて江古田マーキーに客として行った。JEHOと古家学君のジョイントライブがあったからだ。両人とも一緒にやったことのあるアーティスト。JEHOとは怒濤の90年代を共に過ごした、格好つけて言うなれば戦友のようなもの。古家君は一昨年に初めて会ったのだが、彼の和歌山の幼なじみが別経路で知り合った人だった。色んなところで繋がります。あと、古家君のサポートをしているギターの荒谷君とパーカッションの鳴瀬(漢字違うかも)君が、専門学校の後輩であるのだ。
 マーキーは演奏する側としてもやりやすい場所なのだが、客としても観ても良かった。空気感がいいね。ああ、こうやっていつも観てくれてるのか〜と何度も周りを観察してしまった。
 終了後はJEHOと軽く食事をしつつ、楽曲制作のことを中心に色々話した。割合としては俺がかなり話してしまったけどね。でも色々感じ入ってくれたようで、曲作りにちょっとしたヒントを見つけたようだった。少しは役に立てたかな。また飲みましょう。
--------------
5.28 自分の先祖をどこまで知っているか?墓に入っている曾祖父までの名前は知っているが、それ以上はまったく知らない。由緒ある家ならば古めかしい家系図が存在するだろうが、残念ながら我が家はそういう筋ではない。でも調べようと思えばある程度までは辿り着くだろう。江戸時代の後半辺りまでは辿り着きそう。機会があれば一度調べてみよう(多分やるとしても数十年後・・・生きてるかな?)。
 ・・・待てよ、叔母がそういうこと調べたって聞いたことがある。ということは家系図が存在するのか?ぜし(江戸っ子風)観てみたい。
 人間はストーリーによって自分というものを保っている。例えば自分は○○家の長男で、母の名前は○○、父は○○。どこそこで育ってどうのこうの・・・と、そういう事実によって自分が何者かを知る。それがなければ精神が不安定になる。記憶喪失者の不安はそのストーリーが消失してしまったことに由来する。
 祖先探索はそのもっと先にある大きなストーリーだ。俺は誰だ?から始まって、俺の血筋はどこからきたか?になる。もっと飛躍すると日本人とは何だ?になってくる。そして黄色人種の起源は?いや、人類とは?いや待てよ、そもそも存在とは何だ?と心理学や哲学のエリアまで行っちゃう人もいるだろう。まあ、そこまでいかないにしろ、自分と歴史(郷土史など)との関わりを知っていくのは楽しいはず。
 ちなみに今の時代ってデジタルビデオがあるから、数百年後(人類が生きていたらの場合)にも先祖の動画が観られるわけだ。凄いことです。
-------------
5.27 気合だ!気合いだ!気合いだ〜!!とアニマル浜口が出てきそうな扉です(左写真)。
 確かに人生は気合いで乗り切れる場面が多い。誰もが無理だと思えることを気合い一つで何とかしちゃう人に憧れます。
 今日のニュースで持ちきりだった旧日本兵達も気合いで様々な苦難を乗り越えてきたに違いない。いやはや本当に凄いことです。今、名前が出ているのは三人だが、実は数十人の旧日本兵がいるという話もある。
 我々の感覚から言えば、彼らは歴史の中からの登場になる。横井庄一さんや小野田寛郎さんの時の光景は幼児だったのでリアルタイムでは知らない。今回、彼らが帰ってくることが出来るならば、是非テレビで生の声を聴いてみたい。六十年間何を思って、どうやって生きてきたのか?山を下りる機会は無かったのか?祖国や家族への想い、天皇や軍隊(戦争等)、アメリカのことなどなど。
 日本へ帰ってきたら様々なメディアに引っ張りだこになる。しかし高齢なのでそこら辺はちゃんと考えていかなければ。当時と比べれば変わりすぎた日本を目の当たりにし、身体的というよりは精神的にストレスを感じるはずだ。テレビも携帯電話も超高層ビルも何もかも知らないのだ。驚きの連続だろう。タイムスリップを地でいってる。ということで、しばらくはこの話題に注目していきたい。
-------------
5.25 プロ野球の楽天があれほど負けこむとは思っていなかった。パリーグNO.1投手も来たし、全盛期を越えた(引退間近?)とはいえ名のある選手達もいたので・・・。しかしプロの世界は厳しかった。全然勝てないではないか!案外やると思っていた素人の俺が浅はかだった。
 目前の勝利のために戦力補強をするか?それとも3年間は「待ちの時代」と位置づけて新人を育てていくか?でもそれじゃ地元ファンも離れていくかもしれない。やはり両方の面でチームを強くしていくしかない。単純に金かかりそう・・・。でも企業体力がしっかりしている(はず)なので大丈夫でしょう。
 そういや今年から始まったセ・パ交流戦は今後も続けていったほうがよいね。ファンは色んなチームの対戦が観たいでしょ。超一流選手がどんどんアメリカへ行く中で、日本の野球人気が落ちていった背景にあるものをちゃんと考えなきゃ。あえて言っちゃうと、老害甚だしかったもんね。新しい企画、新鮮なタッチで展開していかなきゃ駄目だ・・・と、偉そうに語ってみました。
 そうそう、今年で契約が切れる日本ハムの新庄選手なんだが、来年以降も是非北海道で活躍よろしく!なんでも新庄辞めないでコールが大きくなっているらしい。はっきり言って新庄が抜けると動員がガタンと落ちる可能性大。残念ながら小笠原(凄い選手ではある)だけじゃ駄目なのだ。一時期のオリックスのイチロー状態にも似たものがある。経済状態が厳しい今の北海道には、あのキャラクターは必要なのです!
-------------
5.24 アポロ計画で使用されたコンピュータは、今の物から比べるとかなり性能が低かった。中古で出回っているコンピュータのほうがよほど性能が良い。しかしそれでも月へ行くことが出来た。それを踏まえて極論を言うと、月を開発するくらい容易いはずだ。ならばやれ!戦争紛争にお金を使わないで、そちらへ予算を回すのだ。そして成功した暁にはプロジェクトXで取り上げてもらおう。演出過剰で大いに感動させてくれるはずだ。
--------------
5.23 卵を割ったら黄身が二つ出てきた。人生で初めての出来事。四つ葉を探していて五つ葉を見つけた時の気持ちになった。これが人間ならば一卵性双生児が生まれてきたところだろう。かき混ぜて食ってしまってゴメンよ・・・。

 三十路を越えた暴走族が増えているらしい。いつまでも卒業出来ずにいるらしい。通常ならば十八才で卒業するところだが、気づいたら二十代を越え三十代に・・・。一応、妻と子供はいるらしいが、「いい年して!」と怒られることもしばしばだという。やるじゃないか。逆説的に誉めてあげよう。よくがんばりまちた。
-------------
5.22 壁に耳あり障子に目あり。東京という街は日本の首都であり経済や文化の中心でもある。よって様々な産業に携わる人間が住んでいる。音楽関連に携わる人もかなり住んでいるので、色んな店でよくそういう人に出くわす。
 今日、渋谷の蕎麦屋で隣に座った男女二人組がいた。男性がどうやら音楽雑誌に携わる人らしく「○○(あるアーティスト)がさ〜」などとかなり大きな声で話していた。俺の知っている人の名前も出てきたので聞き耳を立ててしまった。○○と敬称無しで話していたが、大抵そういう人は本人と近い存在ではない。俺は○○を含め、様々なアーティストと仕事をしているぜ!とその女性に対してのアピールに違いない。まあ、ありがちな話だ。偶然にも今日買ったベストセラー「頭のいい人、悪い人の話し方」の中に「他人の権威を笠に着る」というフレーズがあった。今日の彼もそれに当てはまると思った。
 多かれ少なかれ、そういう経験は誰にでもあるだろう。しかしそれが極端な人ってどうかと思うよ。でも意外と多いのよ、エンターテインメント業界。おいおい、そこまで素人さん相手にTHE・業界人を出すかね?そんなに自分を大きく見せようと努力すればするほど、小さい人物に見えてきちゃうよ〜と忠告してあげたい。
 俺が会ってきた凄い人は、全員が全員と言って良いくらい淡々と凄いことをしている。それが当たり前だから一々自分を大きくみせる必要がない。THE・業界を出してすげ〜だろ!と言っている人は、それが必要だから言っている。つまり凄くない人と判断して良い。もしそういうポイントであなたに接近を図ろうとしている男がいたら要注意。「他人の権威を笠に着る」部分に惑わされることなく、その人の本質で判断しましょう。
-------------
5.20 パキスタン人がやっているインド料理屋へ行った。写真はお馴染みのインドカレー。大きなナンと三種類のカレー+α。辛さは「普通」を頼んだが、顔から汗が出てきた。カプサイシン効果絶大。でもマイルドでコクのある深い味でした。美味〜。
 パキスタンとインドって微妙な関係。カシミール地方での争いや核実験競争や宗教問題・・・。数十年前まで同じ国民だったのにね(正確でなければゴメン)。ガンジー氏はあの世でどう思うか。
 イギリスという重石が取れた後、イスラムとヒンドゥーという宗教カテゴライズで別れ別れになった。イデオロギーが終わった後の旧ソビエト連邦も一緒だね。
 こういう問題、日本に住んでいるとやっぱりリアリティーがない。多分一生わからん。でもね、だからこそ、今だからこそ世界は日本の良いところを見習って欲しい・・・が、無理か。なんだかな〜(阿藤快)。
-------------
5.19 ここ数年の音楽チャートを見ると「V.A」という表示がやたらと目立つ。一番最初に見たときはVAN HALENかと思ったよ。これはアーティスト名でもなんでもなくVarious Artistsの略語で、色んなアーティストという意味。様々なアーティストの演奏が入っている、いわゆるコンピレーションアルバムだな。
 このコンピレーションアルバムが売れている要因は、これまた様々だ。その原因をここで書くとかなり長くなるので控えるが、一言で言えば「お得感」だろう。80年代のベストヒットCDを聴いてノスタルジーに浸りたい!ビートルズの曲を様々なアーティストがカバーしているCDならば聴いてみたい!等々。
 極端な言い方をすれば、オリジナルアルバムの危機である。この問題、レコード会社やプロダクション等々が頭を悩ます所ではあるのだが、流動的な時代、それに伴った考え方や手法が各々あるようでないようで・・・。ここ数年でかなり変わっていくはずだから、それをちゃんと見ていきたい。ダウンロードが主流になっていくと、アルバムではなく一曲一曲が物差しになるからね。
 でも結局の所は「良い音楽」を作っていくしかないのだ!それはみんなわかってるのだ。今後もその一端となって頑張っていく所存でごわす。
-------------
5.18 地下鉄を中心に女性専用車両なるものが増えているようだ。朝の混雑する時間だけに出現するという。東京のラッシュアワーの混雑は、そりゃ酷いもの。特に女性にとっては毎日修行しているようなものかもしれない。身長の低い女性は手摺りに掴まることもままならない。スーツ姿のおじさんの谷間に挟まれて、あなたは何を思う・・・。
 専用車両は階段に一番近い第一両目、もしくは最後の車両。急いで階段を下りてきた人が飛び乗る車両だ。だから女性車両を知らない人はそのまま乗ろうと走り込むと、駅員に両手を広げて止められるらしい。焦るだろう、普通に。え?俺何かした?なんで掴むの?あ!!電車が行っちゃった!!遅刻だ〜〜!!・・・という場面があるに違いない。そういうことで、激怒した人も多かったらしい。
 今のところ女性専用車両は一般車両より空いているという。つまりその分だけ一般車両にしわ寄せがくる。多分、女性車両の隣車両の混み率がアップしたはず。また、逆差別だとの意見もある。物事の始まりは何らかの問題が起こるものだな。
 でもこれに慣れてくれば文句を言う人も少なくなってくるはず。俺もこういう車両があって良いと思うし。乗っているのは体力のある若者だけじゃないからね。もっと車両を増やせたら老人、妊婦、病気の人など優先の車両も作って欲しいところだが、いかんせんホームの長さは決まっているから無理か・・・。
 なんにしても朝のラッシュアワーは誰もが大変な思いをしている。職場へ行くまでの間、本当にご苦労様です。今後も日本を支えるために頑張って下さい。
------------
5.17 ニュースによると、某有名アーティスト宅にも空き巣が入った。もしかしてピッキングか? 俺と同じでパソコンを盗られたらしい。しかし被害はそれだけだろうか? いや、もっとあるに違いない。追加被害届けを忘れずに・・・。
 特に注意したいのはクレジットカード類。最近は色んなカードにクレジット機能がついているから、自分がどのカードを所有していたのかわからなくなることもある。そうなると、その中の一枚が無くなっていたとしても気づかない。ポイント倍キャンペーンです!と店の人に言われるがままにカードを作ってしまうのは避けるべきだ。クレジットカードは、せいぜい二枚までで止めておこう。自分では万全を期してクレジットカード利用を止めたつもりでも、犯人は別のカードでキャッシングなりローンなりを組んでしまうことも考えられる。世の中便利にはなったが、新たな犯罪を誘発している。
 で、今日はメインバンクの窓口へ行き、通帳やカード、ネットバンキングの利用再開の手続きをしてきた。必要なものを持って行ったのだが、これまた窓口の人が慣れてないのか、かなりの時間を要した。この前のお巡りさんとは別の遅さだね。まあ詳しくは書かないが、当たり前だが先日よりは良い対応でったよ。駐禁が危なかったけどね。タイヤに白いチョークが書かれていた。こういう部分は仕事熱心だな〜。
-------------
5.15 春だというのに寒いです。二ヶ月前くらいの気温に感じる。スカッと爽やかな天気になりなさい。

 近所の韓国料理屋へ。ここも韓流ブームに乗っているようで、結構混んでいた。壁には韓国スター達の写真が過剰に飾られている。折角の店の内装に対してマイナスイメージになっていたな。そういう部分では店主のセンスは悪いかも。ちなみにウォンビンって木村一八(故・横山やすしの息子さん)の若い頃にかなり似てない? 味はなかなかなものでした。チャプチェもチジミも豚肉もナムルも美味かった。満足。でもご近所値段としてはちょっと割高かな。もう少し安けりゃなお満足。

 音階は、ドからドまで十二の音しかないのです。その組み合わせでメロディーを作ります。ドからレに行くかもしれません。ドからソに飛ぶかもしれません。メロディーの展開方法の癖が、その人の個性になります。たまに「これミキオっぽいね」と言われます。それは嬉しいことです。自分にはちゃんと個性があったと確認出来ます。しかしその部分に捕らわれ過ぎちゃうと駄目です。前後左右にキャパを増やしていかないと、肝心の個性も縮みます。日々精進、日々精進。
------------
5.13 昨日の船酔いがたたって、飲み疲れでごわす。一週間ぶりの酒でした。鯵や鰯、鯖を田村(釣りメンバー)に調理してもらい、それを肴に飲んだのさ。やはり自分で釣った魚は美味いね。

 車のタイヤを買い換えた。かなり摩耗していたらしい。スリップ事故を起こしかねなかったので気づいて良かった。おかげで乗り心地がアップした。
-------------
5.12(今日の日記は写真がなければ成立しません。携帯から見ているみなさん、すいません) 
 釣りをしてきました。早朝に起きて、いざ江ノ島(の横)! そこから釣り船に乗って沖合へ。気分は釣りキチ三平。ウッヒョ〜(三平特有の掛け声)!
 
♪〜遠く〜江ノ島が見える〜(チャコの海岸物語)♪

海の男は船酔いしない!
おお快晴! おお水飛沫! おお12海里以内!

 釣果は大漁です。鰯(いわし)だらけ水泳大会! 鯵(あじ)も踊るぜ! 鯖(さば)が歌うぜ!

 後半は鰯(いわし)に飽きました。針から取るのめんどくさい。でも今では漁獲高が減ってしまった貴重な魚・・・。

 ということで釧路漁港の水揚げ量に匹敵する大漁(と言っておく)を実感し丘へと向かう。我が生涯に一片の悔いはなし(ラオウ・談)!

 手が魚臭い。体が潮臭い。でもおやじ臭いとは言わせぬぞ!なぜなら気分は釣りキチ三平。あくまでも少年。

 海釣り、しかも船釣りは初めての体験でした。これからも、たまに息抜きで行きたい。今はビールを飲んでいます。体が揺れています。本当の船酔いはこれからです。
--------------
5.11 ウィンドウズのノートって、各メーカーが競って商品を作っているのでめちゃくちゃ多い。どれを選んで良いのやら・・・。マックは選択肢が少ないからね〜。

 スポーツクラブへ三日連続で行ったら筋肉疲労が溜まってしまった。何事もやりすぎは良くない。恋愛を含めた人間関係も同じ。相手に求めすぎるのは良くない。

 久々にビートルズを聴いた。ビートルズ公式ベストアルバム、通称「青盤」。彼らの活動の後半のベストですな。実験的でありながらポップ。哲学的でありながらポップ。世界的に見て、影響力で彼らに匹敵する存在は未だ出てこず。ポピュラーミュージックの歴史に輝くバンドです。とはいってもちゃんと聴いたのはかなり遅いんです、我が輩。あまり偉そうなことは言えません。
---------------
5.10 先日の空き巣で盗られたものが新たに発覚したので、昨日近所の派出所へ行った。追加被害届けを出すためだ。新たに発覚したのはデジタルビデオカメラとデジタルカメラ。普段あまり使用しないものだから確認が遅れた。
 で、そこのおじさんお巡りさんの対応があまり良くなかった・・・気がした。まず、トロい。「うーん」とか「は〜」とか溜息吐いて、のらりくらりと話す。めんどくせーな〜、と思っているのかわからんが、一つの説明をするのに時間をかける。その話を総合すると、品物の保証書があったほうが良いっつうことだと察したので、こちらから「保証書があったほうが良いんですね!」と言った。するとそのおじさんは「そうそう」と答える。ならシャキッと「保証書があったほうが良いです」と最初から言わんかい!喉に物が詰まったような喋り方しおって。
 で、今日保証書を持ってまたそこへ行った。すると昨日のおじさんではないが、また別のおじさんお巡りさんがいた。「追加被害届を出したいんですけど」と切り出すと、え?まいったな〜面倒だな〜、という表情(と俺は感じた)をし、これまた昨日の人に輪をかけたようなトロいテンポで話し始めた。心の中では「なんじゃこりゃ〜!」ですたい。
 俺は昨日と同じ説明を繰り返し、「ということで保証書を持ってきました」と結んだ。的確に説明し終わった俺は、追加被害届けを書いて終了だと思ったが、これまた何度も同じことを聞かれるし(しかも遅い)二度手間もあるし、佐藤珠緒的に言えば「も〜プンプン!」だったよ。
 そんで驚いたことにその人、追加被害届の書き方を軽く忘れた節があった。しまいにゃ俺が「ここにこれを書きますよ」と言い出す始末。「こ、この人・・・馬鹿?」と本気で思い始めたね。タバコの火はつけっぱなしで灰皿に置いてるから煙は充満してるしさ。様々な人を迎える派出所のお巡りさんの態度じゃないね、あれ。
 ようやく終了し派出所を後にした時、ふとあることが頭をよぎった。昨日も今日も若手のお巡りさんは普通のテンポで会話が出来た。一度の説明でわかってくれた観があった。でもおじさんの方は二人ともテンポが遅いし無駄が多かった。あれは単なる偶然か?もしかしてわざとなのではないか?
 例えば、俺が一般的な市民を装った悪い奴だとしよう。マンションに入るときには盗難保険が付いている保険に加入するのだが、その盗難保険を利用して儲けようとする輩も世の中にはいるはずだ。過剰申告ってやつね。もしかして彼らは俺をそういう目で見ていたのか?ああいう時に先輩(受け答えるおじさん)はのらりくらりとテンポを落とした会話をし、若手と二人で時間をかけて悪者(俺)の反応を吟味していたのではないか?嘘をつくと目などに何らかの身体反応が出るからね、人間ってさ。・・・考え過ぎ?
 だって、あのおじさん二人が本当にそのままの人だったらかなりやばいよ。一応この現代社会を守るお巡りさんなんだから、ある程度のスピードが求められるでしょ。もちろんお年寄りや子供などには遅く話してもいいけど(でもあれじゃ通じにくいけどね)、普通の成人だよ俺は。だからわざととしか説明がつかないんだよな〜。
 そんなこんなでお腹が空いたので近くのファミリーレストランへ行った。ランチタイムということでご近所の主婦連が大いに集まって団欒していた。俺はすぐに出てくるはずであるランチセットを頼んだ。しかし待てども待てどもランチセットが来ない。ふと周りを見ると・・・あ!俺より後に来たおじさん(お巡りではない)がパスタ食ってる!・・・あ!俺より後に来たおばさんがピザ食ってる!ありゃ〜!?・・・
 忙しいのは大いにわかる。店員に何も言わなかった俺も悪い。しかし忘れないでほしい!寡黙に待ち続けている一人の成人男性がいることを!
 さすがに気づいたのだろう、女性店員がすっ飛んできて「申し訳ございません!ただ今持ってきます!」と言ってきた。帰っちゃおうかな〜と思っていたので、「いや、帰ろうかと思って・・・」と答えた矢先、男性店員がランチセットを持ってきた。早!なんて早!テンポ早!俺はそれを食ったね。かなり早く食ったね。基本的に早食いだからね。
 それが今日の昼までの出来事。お巡りさんの「遅!」が続いて最後に「早!」が来たね。振り幅が大きいっす(日記的には内容の濃い出来事だったかな)。でもね、悟りをひらいてブッダになった人が言ってたよ・・・「中庸」だと。これ大事。
---------------
5.9 実は約一ヶ月という長い間、スポーツクラブへ行っていなかった。これは反省しなければいけない。体を動かすことの重要性がヒシヒシとわかってきた今日この頃なのに。肉体は元に戻っちゃったかな〜?軽く筋肉ついてきた観があったのに・・・。ムキムキにはなりたくないが、ある程度はキープしていきたいっす。
 ということでさっき久々に行って来ました。燃えよ体脂肪〜!暴食は出来るだけ避ける!暴飲は・・・かなり減ったが、たま〜にあるかも。
 その帰り道、パジャマを着たおじさんが立っていた。どこかの病院から抜け出てきたのだろうか? でも近くに病院あったっけ? ああいうとき、声を掛けるべきか掛けないべきか?昔の人ならすぐ声を掛けそうだが、現代人の我が輩は悩むところだ。
---------------
5.8 沖縄県が全国一人口増加率が高いという。首都圏である東京や神奈川、埼玉あたりが一番だと思いがち。大都会を押さえての一位は見事。一年を通じて温暖な沖縄に移住する人が増えているとのこと。第一線を退いた夫婦、ネット環境の向上によってどこでも仕事が出来るようになった人々などが移住しているのかな。
 沖縄は一度行き損なったことがあるので「いつか行きたいリスト」には入っているのだが、残念ながらまだ行けていない。南の島に行こうとすると、何らかの不都合で行けなくなるジンクスがあるんだよな(たったの二回だけど)。理想としては、ボケ〜っと海辺で寝転がって、夜は沖縄料理と泡盛で盛り上がりたい。

 JR西日本のインパクトが大きすぎて、JALが霞んだね。どちらも人命を乗せている企業だから、客の立場としては注意してチェックしていきたい。
 しかし大企業病か・・・。ただJRの場合は民間企業のものとちょっと違うものがあるかもしれない。元国営だからね。ボーリングや飲み会、ゴルフなどともろもろ出てきたけど、国営時代を過ごしてきた年齢が上の世代の職員が、あまり問題意識を持っていなかった傾向があるらしい。国営時代の企業体質がドップリと残っていたのだろう。賠償問題を含めて、今後十年以上は揉める気がする。
----------------
5.7 以前住んでいた川崎市はゴミの選別が緩かった。資源ゴミと普通ゴミの二つだけ。プラスティックも普通ゴミとして処理されていた。しかし東京はそうはいかない。資源ゴミ、燃えるゴミと燃えないゴミを分けなければいけない。紙の部分とプラスティックの部分を分けてゴミ箱へ入れる。最初戸惑ったものだった。しかし今では慣れたもので、ひょいひょいと分けてゴミ箱へ捨てている。
 しかし一歩外へ出てゴミ箱を見てみると、守ってない人がかなり多い。関係なく捨てちゃってる感じ。まあ平気で道に捨てている人もいるから、それに比べればゴミ箱に捨てるだけ公共心はあるのかもしれないけど。
 また、コンビニなどの前にあるゴミ箱は「資源」「燃える」「燃えない」と入り口が分かれているが、意外とそれ以外は普通にひとつゴミ箱が設置されているだけ。確かにそれじゃ選別したくても出来ないね。この前、スタジオで聞いちゃったよ、「プラスティックはどこへ捨てたら良いんですか?」って。ちょっとうざい(笑)? でも頭の片隅に「ゴミ選別」の意識を置いておくべきでしょう、この現代社会ではね。
 誰でもそうだが、自分の中に「守るべきもの」と「守らなくても許して!」と思っちゃうものがある。例えばゴミの選別は守るが、信号は無視してしまうとか。この線引きって人によって随分違うよね。だから自分が「守るべきもの」と思っていることを平気で他人が「守らない」と憤慨してしまう。そして往々にしてその逆もあるのだ。そこで意見の衝突があって、嫁姑やご近所問題に発展したりする。
 いやいや難しいね、人間って。基本的には自分に甘いのが人間だからね。ガムは捨てていいのか?タバコはどうなのか?飲酒で自転車運転はどうなのか?駅や公道の地べたに座っていいのか?時間外ゴミ出しは?・・・こうやって書き出せば、すべて「悪い」とちゃんと認識するんだけどね〜。時と場合によって公共心が緩んじゃうのが人間なんだよな〜。あ、言っときますけど僕はゴミを道に捨てません!というか申し訳なくて捨てられない。中学時代の一時だけ、捨てていた事実はあります。それはごめんなさいとしか言えません。でも今の私は清廉潔白な人間です!クリーンなイメージで売っています・・・なんて言えるわけないだろ〜!!選挙活動中の政治家か〜!!(ほんとにゴミは道に捨てないよ)
 ・・・決して難しくはない「公共心」。あとは我々の意識次第です。ここで一句「飲んだとき 公共心が緩むとき」・・・皆さん、以後気を付けましょう。
-----------------
5.6 ある仕事の打ち合わせの後、皆で「はなまるうどん」へ行った。数年前に進出してきた讃岐うどんの店。渋谷に出来たな〜と思ったら、あれよあれよという間に店が出来はじめ、今では東京だけでも30店舗もある。全国では・・・もう数え切れません。ほんと最近のチェーン展開の勢いは凄い。うどんブームに乗ってますます発展しそうだ。
 魅力はなんと言っても「安い」「美味い」でしょう。お昼時はかなり混雑しているらしいよ。あれならお小遣いが厳しいお父さんもばっちりだ。低カロリーでもあるし、サイドメニューもあるので健康的だし。ラーメン、牛丼、その他ファーストフードを敵に回しながらも、見事な結果を残している。これからも頑張って下さい。たまに行きます。

 先日ここに書いたが、ある大手の関連会社が立ち上げたサイトで取材を受けた。それがプレオープンしたので、興味のある方は遊びに行ってみて下さい。その名は「極.net」。まだ立ち上がったばかりなので少ないですが、様々なジャンルのプロが紹介されていくようです。ここでは作家、クリエーターとしての立場で取材を受けています。ちょっと偉そうなこと言ってるかもしれませんが、笑って見てやって下さい。ちなみに取材を受けたのは、空き巣に入られる前の自宅です(泣)。
-----------------
5.5 上戸彩主演のアタックNO.1を観た。往年の大栄テレビに通じる様な昭和的展開は面白いね。前にも書いたと思うんだけど、脚本を書いている人は俺が年に2回ほど舞台を観に行く劇団の主宰。いつも喜怒哀楽てんこ盛りの演劇で客を楽しませてくれる。前から脚本が凄いな〜と思っていたら、ついにゴールデン番組を担当するようになった。なんか嬉しいね。脚本家としては「サタケミキオ」というペンネームなので、同じ「ミキオ」としても今後を見ていきたい。
 で、実は俳優としても「タイガー&ドラゴン」に出演中なのだ。長瀬君の先輩ヤクザの役。今かなり忙しいはずなのに、夏に向けてまた舞台稽古が始まっていくらしい。精力的だ。俺も彼に見習って精力的にやるか!・・・とはいってもマイペースです。

 昨日見たのだが、米沢を流れる川(名前忘れた)を渡るように大きな鯉のぼりがかかっていた。川をまたいで数十匹の鯉のぼりが悠々と空を泳いでいた。それは見事なものだった。それ以外にも至る所で鯉のぼりを見た。東京で鯉のぼりを見ることが少なくなったので、感動もひとしお。都会は、ああいう昔ながらの文化が消えやすいのかな〜。

 先日、作詞家の工藤哲雄さんと知り合った。同じく作詞家の阿閉君の紹介(彼も初対面だったらしい)。気さくで、話題の豊富な良き業界の先輩であった。短い時間ではあったが、実りの多い話が出来たと思う。作曲家にはまだ会いやすいが、作詞家の方と会う機会って実は少ない。今後とも会う機会を作って、いろんな話を交わしていきたいと思う。
 今日、参考として俺が作った楽曲を聴いてほしいと思い、一気に十数曲も送ってしまった。聴くの大変かな〜?
------------------
5.4 二泊三日で親族に会う旅をしてきました。東北地方も春の陽気で清々しく、美味しい空気は飲み疲れた体を癒してくれました。水田には水が張ってあり、早い所では田植えも始まっていました。米沢藩の上杉家の御廟にも行き、上杉謙信を拝んできました。写真の「毘」は戦いの神、毘沙門天の旗。上杉家は戦いの時、必ずこの旗を持って戦いに挑みました。
 食にも満足した旅でしたが、明日からは気持ちを切り替えて創作活動に勤しみます。頑張るぞい!
------------------
5.1 ここ数日、皆様にはご心配をかけてしまいました。暫定的ではありますが、音楽用のマックをネットで使用することにしました。ただ今後はウィンドウズへの移行、HPリニューアルを含めてネット環境を考えていきたいと思っています。まだ迷いはありますが、今後を考えるとネットはWin機のほうが便利なのかもしれません。
 外付けHDには二ヶ月前までの幾つかのデータがバックアップされていました。ただ、未だ皆様のアドレス情報を取り込めないでいます。掲示板にも書きましたが、これを読んだ方々は是非メールアドレス、住所等を送って頂きたく存じます。今後もライブの告知メールやDMを送りたいと思っていますのでよろしくお願い致します。もちろんライブ会場で書いてもらったアンケートは残っているので、最近アンケートを書いた方はそれで対応します。
 当たり前ですが、今回の件で防犯の意識が高まりました。鍵はほぼピッキング出来ない(と業者に言われた)ものに変えましたし、窓からの進入を防ぐアイテムも買いたいと思っています。皆様も是非一度考えてみて下さい。せめて鍵を変えるくらいはしておいたほうが良いかもしれません。
 次回の更新予定は4日or5日です。それでは良い春の日をお過ごし下さい!