HOME > DIARY

2011.02.26 Saturday

天晴音楽会vol.4 songbook vol.13 Release Party



天晴音楽会vol.4のWEB CMです。前回のvol.3のリハーサルと本番の様子を写真にてご覧いただけます。
3/20は恵比寿にてたくさんの方のお越しをお待ちしています!

---------------------------------------- -------------------

天晴音楽会vol.4 songbook vol.13 Release Party

■日時:2011年3月20日(日)
■会場:天窓.switch(東京・恵比寿)
■出演:酒井ミキオ オープニングアクト:荒谷みつる
■開場/開演:17:00/18:00
■チケット:前売\4,000/当日\4,500(ドリンク代別)
■取り扱い:e-plus天窓.switch

■お問い合わせ:
天窓.switch (恵比寿)
ATO-Build.B1F 3-28-4
Ebisu Shibuya-ku
Tokyo 150-0013
03-5795-1887
switch@otonami.com


BGM Information:

■Artist : 酒井ミキオ&荒谷みつる
■Title : 10 years -acoustc guitar & piano inst. version
■Release : 2011.4.13 (wed)
■at : iTunes store and more "On-Line shop" - Downlord Only!!-

2011.02.23 Wednesday

可も無く不可も無く

 ふと思った。「可も無く不可も無く」の象徴ってファミレスかも。まあほとんどファミレスに行かないので極めているわけではないが、人生振り返ってみてもファミレスで「これ美味しい!」と思ったことは無い気がする。逆もまた然り・・・。

 きっと俺のような感覚の持ち主は多いと思う。「何となく便利だから」「数名でも長居出来るから」「ドリンクおかわり自由だから」「駐車場があるから」・・・ここら辺が主な理由じゃないだろうか?・・・って言ったらファミレス関係者に叱られそう。ホントごめんね!

 学生時代、学校の隣にGというファミレスがあった。当時で一番安いランチが700円程だったろうか? ちょいと頼むとすぐ1000円を越えた。当時の俺にしてみれば1000円はでかい。なんせ一日の食費を1000円でやってたから。

 よって弁当屋へ行くことが増えた。そのファミレスのほぼ隣にあった弁当屋、500円でかなり食えた。お勧めは唐揚げ弁当。肉の量、ご飯の量、キャベツのベトベト感、全て良し(笑)! あの頃の経験が俺をファミレスから遠ざけてるんじゃないだろうか?

 そんな俺、昨日久々にDというファミレスへ行ってきた。数名で夕食を食べた。うむ、やはり変わらず「可も無く不可も無く」だ。あの頃に比べるとやや高い1200円程。

 まず一人じゃ行かないね。同じ1200円だったら美味い蕎麦屋か美味いうどん屋か美味いカレー屋か美味いつけ麺屋か美味いカフェか・・・そこ等辺に行くっしょ。

 もちろんちゃんと食事にありつけることは大いなる幸せだよ。アフガニスタンやスーダンなどの貧困国にいる方々に申し訳ない発言であることには違いない。まあそんなこんなで外食が多い我である。

 そういえば外食産業を基軸としているワタミグループの長、渡辺美樹さんが都知事選に立候補した。時同じくして彼の著書をネットでポチっとしてみた。New Macにソフトの大インストール大会の傍ら読んでみた。読みやすいのですでに後半。

 共感出来る部分多し。これが実現出来たらかなり日本は変わる。時代に即した、いや半歩前に出られる考えだ。目先だけではなく、未来を描いている。それこそが政治家の役割。

 ということで今のところ有力候補筆頭だ。ここにそのまんま元・知事が来るのか仕分け女史が来るのか、はたまた猪瀬氏が来るのかわからんが、じっくりと見極めたいところだ。

 あ、そうそう3月20日の曲順を決めたよ。今回もグッドです。新曲もやる予定!

2011.02.21 Monday

初Ustream番組

 昨日は磯道和久君のUstream番組「かずらじ」に出演してきた。今まで幾つかの番組を観てきたが、自分としては初のUstream番組出演。機材トラブル連発だったけど和気あいあいと楽しい時間を過ごせた。出演者=スタッフというあの全体感も良いね。

 そしてTwitterと連動しているのがいい。リアルタイムで視聴者と繋がれる。発した言葉に対して、演奏に対して様々なコメントが寄せられた。そしてそれが暖かい。みんなのコメント、ありがたく頂きました!

 あのメディアの可能性は大きい。今後ますます広がりを見せるのではないか? 自分でも何か出来たらいいなぁ。レコーディング風景や自宅からライブ!とか。まあさらけ出しすぎるのも考えものだが、バランスの良いとこでさ。

 しかし我々はこういう技術の恩恵を当り前のように受けている。ここまで辿りつくのは様々な人たちの汗と涙があったはず。ありがとうと言いたい。

 そして最近、主に中東だがこの技術が国家体制を揺るがしている。この広がりの速さは凄まじい。それほど鬱憤が溜まっていたということだ。中東以外にも飛び火するだろう。きっとお隣にも・・・。

 時代は変わる。大きな波がきている。形を変えた明治維新のような何かが・・・。ただの傍観者であるべきか、意思を持って動くか・・・それによって人生が変わるだろうな。

 不安もあるが、でもワクワクしている。きっと未来は明るい。あぁ、もっと先の未来を見てみたい。300年後ってどうなってるんだろう? 1000年後は? その時代に生きられてないのがちょいと悔しい。

 夢っていい言葉だね。期待、希望、可能性・・・様々な言葉が心を前に動かす。目先目先の狭い世界でネガティブになるべからず。人の上げ足取ることに終始するべからず。無用な比較は行動力を奪う。笑え笑え。それではまた明日以降に・・・。

2011.02.17 Thursday

Sissy

 最近は今年デビュー予定のバンド「Sissy」のプロデュースをしています。去年出会ってから3曲、今回1曲。リハーサルに顔を出したり、メロ、歌詞、アレンジ等々、彼らが一番良い形で世に出られるようサポートを頑張っています。

 精神的な面、技術的な面、多少の経験値があるので話せることがある。自分自身が通って来た道において気づいたこと、培ったことを伝えられたらと思います。

 また、年齢が下の世代の人たちと話すことによって僕自身が気づかされることもあります。それはそれで僕の新たな種になるでしょう。いつもそうですが、今回はより「人と人」を考える機会になっています。

 不況だなんだと言われている昨今ですが、しっかりと夢を持ち動いていく。その過程で彼らは彼らなりの哲学を生み出していくことでしょう。

 生まれ消えてゆく数十年間のほんの一瞬のことかもしれないけど、その時に得られる「熱」は代え難いものになる。そしてそれこそが生きるということ。音楽を通してそんなことを考えさせられます。ということで今後に期待!

2011.02.14 Monday

馬連田院

 バレンタインデーだったんだね。学生の方々は甘酸っぱい放課後を過ごしたのでしょうか? 僕も思い出すのは十代の風景。二十代以上の風景は・・・ほぼ記憶にないのは何故でしょう(笑)? もう人生がそういう所じゃなくなったのでしょうねぇ。

 どなたかがテレビで言ってたけど、手作りチョコレートっていうならカカオから作れ!と怒鳴っていました。ただ溶かして形作るのは作ったとは言えん!と。まあ確かにそうかもなぁと思いつつ笑えました。

 そんな今日(夜)、東京は雪。転ばぬよう気をつけて。雪の上を歩くときは、いつものように踵から足を下ろすのではなく足の裏全体で歩く、イメージとしてはつま先から下ろすような感覚で歩くと転びません。頭の片隅に入れておいてね。

 本日の僕は歩きません。車オンリーな現代人。検診結果を聞きに病院へ → 胃がん検診で病院へ → TDを聴きにスタジオへ。全部車。あ、別に悪いところがあるわけじゃないよ。いわゆる通常の検診をやっただけ。

 とはいえ最近は保険の見直しやら人間ドックやらと、人生守りに入ったような言葉が飛び交います。これも年齢ですなぁ。でも大切。身体あっての仕事、音楽道です。いつか「人間ドック」という曲ったりして(笑)。テーマはニッチへ!

 さてさて近々メルマガが行くと思いますが、ライブは続きます。来月には天晴音楽会vol.4! 休憩アリの二部構成! グランドピアノ、アコースティックギター、パーカッション、ベースという編成。必ず楽しい時間になる!

 四月も弾き語りが二本(かな?) もしかすると一本はパーカッション&ベースとやるかも。詳細はまた後日に!

 あと前回の日記にリンクを貼っておいたけど、調布FMとユーストリームの番組に出演します。お時間のある方は是非聴いて&観て下さい!

2011.02.12 Saturday

動画と告知

 こちら↓で新曲「この街で」のマーキーでの演奏が観られます。向井成一郎氏とコラボってます。

 http://ameblo.jp/mikio-sakai/entry-10793058052.html


 
 そして半年ぶりに調布FMに出演します。お近くの方は是非お聴きください!
そんでそんで、ユーストリームの番組にも出演します。以前知り合ったシンガー、磯道和久君からのお誘いです。詳細はこちら↓ 

 http://ameblo.jp/mikio-sakai/entry-10797480050.html

2011.02.12 Saturday

デビュー日に阿佐ヶ谷ロフト

 おっと間が空いてしまった。申し訳ない。元気に過ごしております。

 デビュービの2月9日、阿佐ヶ谷ロフトで「ジョンレノンへの招待状・EXTRA」というイベントに出演した。出演者は近藤金吾(Timeslip)、高橋まこと(De+LAX / ex.BOφWY)、酒井ミキオ、菊地秀規(いつもここから)、藤本国彦(CDジャーナル編集長)、司会に椎名宗之(ルーフトップ編集局長)(敬称略)という面々。

 前半はマイクをずらっと並べトーク大会。各々がビートルズ、ジョンレノンについて語る語る。最後はなぜ暗殺されなければいけなかったか?というディープな話まで飛び出した。ちなみに僕はビートルズ曲の音程の飛びや小節、コードの話などをした。

 ああいうスタイルでステージに乗るのは初めてだったけど、非常に楽しい時間だったなぁ。朝まで生テレビの出演者の気持ちがちょっとわかった気がしたよ。

 続いてはライブ。高橋まことさん→近藤金吾さん→酒井ミキオ→セッションという流れ。それぞれが持ち味を出したかな。ああいうイベントなのでお酒を飲んで演奏してしまった。やはりアルコールが入ると指がおぼつかなくなるなぁ・・・なんて。

 でも最後のセッションはロックンロールなビートルズ曲の連続。叩くようにピアノを弾けるので、お酒のおかげ?で良き感じ。盛り上がったわ。終わってみると3時間以上。なかなか内容の濃いイベントでした。

 終演後はその場で打ち上げ。ハイボールで高揚しました。2次会は阿佐ヶ谷っぽい?バー。まことさんの昔話が面白かった!貴重な話を聞けました。すごい気さくな方です。また飲みたいなあ・・・。
IMG_1812.jpg

2011.02.06 Sunday

旧友とのイベント 道産子な夜

 2・5のマーキーイベントは内容の濃い楽しいものになりました。やってよかった!今後もやりたい!と思えました。やはりその日だけの関係のジョイントより、こういうスタイルの方が燃えます。当り前だけど。

 流れとしては・・・OPが終了し、まずはミキオコーナー。一人弾き語りで3曲。

 awairo mixが配信されているということで「黒い水」
 1曲目ということでまだ硬かったな。今日のセットリストの中で唯一のマイナー調ソング。「悲しみを抱きしめた人は誰?憎しみと握手した人は誰?」といきなりダークな内容ですが、この曲調が大好きなのです。

 そしてイベントの主旨説明や関係性を話しつつ、2・9のデビュー日にかこつけて「今だけは君を離さない」を久々に披露。この曲から始まったんだなぁと感慨深く弾き語り。

 昨今のJ-POPの歌詞のテーマの狭さに対抗して、ニッチな歌詞で勝負!ということで「締め切り」の曲「スパイラルマンデイ 〜シメキリストの悲哀〜」 ギリギリ大好きなミキオの日常が垣間見られるポップチューンです。

 向井成一郎登場。
 父親同士が大学の同窓で親友、息子同士はミュージシャン。妙な関係性です。時期は違えど北海道より上京した我々。そんな流れで新曲「この街で」を2人で演奏。新しい環境で暮らし始めた若者、かつての自分へのメッセージを込めました。これまたグッドソング!春に配信予定です!

 思えば10年ほど同じステージに乗ったことがなかった我々。様々な活動を経て、再びイベント当日を迎えることが出来たということで、成一郎の曲「再会」を演奏。パーカッションの益岡圭司氏を迎えつつ、僕はガンガンハモりました。

 一旦ハケて、3曲ほど成一郎のコーナーが続く。マシュマロボイスと誰が言ったかは知らないけど、包み込むような甘い歌声が響き渡る。彼の曲、歌には地元の風景が見える。ノスタルジックなワールドが続きました。

 再びミキオ登場。そしてアコースティックギタリストの荒谷みつる氏(ミルミル)も登場。彼も苫小牧出身の道産子。グダグダにならない?程度に道産子トーク。

 さきほどは上京したての曲だったが、今度はその10年後の曲。実は同じテーマの曲を持っていた我々。成一郎は「10年」、ミキオは「10years」 迷ったり傷ついたりしながらも歩いてきた10年を噛みしめたグッドソングです! こちらの2曲を3人で演奏。というかそろそろ「20年」という曲を作らなきゃならんのか!?

 圭司氏が再び登場で後半!全員参加!
 ライブの前に江古田の神社に行ってきたという話から日本人ソングへ(笑)。成一郎は「神田明神」という神社ソング(?)、ミキオは最近ジョンレノン関連のイベントで常連曲となった「あなたが愛した日本人」 もちろんハモり合う!綺麗!

 まだまだ続く! 成一郎が満員電車に乗った時の体勢に苦労した経験から生まれた「満員電車ヨガ」 ヨガ!ヨガ!の合いの手必須。かわいいロックンロール。
 
 そしてミキオ定番の「Wonderful Life」で盛り上がり! 人生は素晴らしい。素晴らしいことに気づいてほしい。幸せを比べるなんて意味が無いんじゃない?ララララ〜! やっぱこの曲は打楽器必須だな。

 ということで本編終了。ありがとう!

 アンコールは北海道出身の先輩の曲をチョイス。ベタではあるが、松山千春さんの「空と大地の中で」を演奏。こういうタッチの曲、意外と似合うと言われた。そして大地といえば、鈴木宗男氏を思い出すね(笑)。新党大地!

 もう1曲! 玉置浩二さんの「田園」で盛り上がる。ジャンジャカとアコギが鳴り、たたみかける譜割りの細かい歌。口が回らない(笑)! 途中、お客さんにも歌ってもらっていい感じ。終わりそうで終わらない妙な間を挟みつつ、大エンディング。

 高揚した空気の中、イベントは終了しました。ありがとう! 熱い熱いアンケートもありがとう。演奏側もそうだが、皆さんの笑顔が何よりのエネルギーになりました。

 演奏しあい、ハモり合う。こんなシンプルなことが楽しい。楽しいことって身の回りに簡単に見つけられる。視界を自ら塞がずに歩いていきたい。「でも」「だって」「のに」という言葉を極力避けつつ、喜びの多い楽しい人生を過ごしましょう! そんなことを再確認したイベントでした。

 次回はトークメインになりますが9日の阿佐ヶ谷ロフト。こちらは元・Boowyの高橋まことさんも出演です!嬉しい!
 
 そして3月20日の天晴音楽会vol.4! 絶対楽しくなります。グランドピアノ弾きまくる! 是非友人連れて遊びに来てね! 特に悩んでたり落ち込んでいる友人。少しでも元気の種を蒔きたいな。よろしく!


 ↓ 馬鹿馬鹿しくも面白い(笑)

2011.02.03 Thursday

リハ終了!

 5日用のリハーサル終了。いい感じです。向井成一郎氏とは同じ道産子であり、父親同士が大学の同窓で親友という妙な間柄。なんの接点もなかったその息子が音楽を志した者同士という・・・。

 かなーり昔の写真を観ると、幼少時の我々が共に映っているものがあったが、それから二十年以上は会っていなかった。そして確か95年だったと思うが東京で再開したのだ。

 マシュマロボイスと誰が言ったかは知らないが、その美声は心打つものがある。その歌からは故郷の風景が見える、そんなシンガーです。北海道ではかなり活躍しています。

 そこに最近お馴染みの荒谷みつる氏が参加します。彼も苫小牧出身の道産子。今回は我々の補佐係としてその技術を披露してくれます。

 いつものマーキーのジョイント構成ではなく流れあるものになるし、グダグダになる可能性もあるけど道産子トークも楽しめると思いますよ!是非ご来場ください!

 スタッフがそのリハーサル中にこんなものを作りました↓。

1/1