HOME > DIARY

2009.12.31 Thursday

最終日

 2009年の最終日。いかがお過ごしでしょうか? 僕は至って変わらぬ一日を過ごしています。こんなに大晦日感の無い12月31日も珍しい。

 年を重ねるたびに感じ方が速くなる時間の流れ。今年一年もあっという間でした。平均寿命という視点からみれば、今年は人生の折り返し地点でした。感慨深いものがあります。

 来年は今まで以上に(という言葉を何度使ってきたことか!)やるべきことを見据え、着実に動いていく自分を作りたい。「言うは易し、行うは難し」ではありますが、これまた楽しみながら2010年を歩いて行きたいと思っています。

 ファンの皆さんに会えるという意味では、まず1月23日の高田馬場クラブフェイズでのライブです。今はあの場所を想像しつつ、メンバー用の譜面の準備等をしている最中です。友人知人引き連れて、ぜひ遊びに来てください!songbook vol.12も先行発売します!

 ということで一年間お疲れ様でした。来年も大いによろしくお願いいたしまっす!!!
 さらば丑年!
20091024151702.jpg
20091024151309.jpg
20091024151756.jpg

2009.12.29 Tuesday

songbook vol.12 ショップページにて

 すこし早いですが、ショップページでsongbook vol.12の注文受付が始まりました。先行発売は1.23のライブ会場ですが、遠方の方こちらをご利用ください

 収録曲は元マネージャーの結婚式用に作った「俺は君の親」、完全新曲の「Glorious」、歌スタから生まれた「愛言葉」、「ここに君がいて-awairo mix-」です。

 充実の4曲です!よろしくね!

2009.12.28 Monday

曲順決定

 1.23のフェイズライブの曲順を決めた。琢己さん&スタッフと共に決めました。これを元にリハに臨みます。やるぜー! いつものようにリハは短い。効率的な時間にしなければいけない。そのためにもちゃんと準備をしなければ。

 今年は天晴音楽会というアコースティックライブが2回続いた。バンドスタイルでのライブは1年2ヶ月ぶりということになる。楽しむぞぇーー! 皆さん、是非友人知人引き連れて遊びに来てくださいね!啓蒙&告知活動よろしく(笑)!

---------------------------------------------

 忘年会が続いている。新しい出会いもあり、有意義な時間であることを再確認。良き先輩や後輩達との会話は楽しい。刺激しあい、互いに向上していければ幸せだ。

 話は変わる。「坂の上の雲」を観ているのだが、会話の中で「坂の上の」と来ると、どうしても「田村麻呂」に繋がってしまう俺がいる。学生時代に坂上田村麻呂とワンワードで覚えちゃっているもんだから、つい出てしまう。脳って不思議。

2009.12.26 Saturday

森友さん

 20091225212437.jpg

 昨日は森友嵐士さん(ex T-BOLAN)の復活ライブに行ってきた。何と14年ぶりだそうだ。歌えなくなる病気(難しい名前)になりバンドは解散・・・。富士山近くに住み始めて徐々に復活への兆しが・・・。なかなか壮絶な14年だったようだ。

 ピアノ(本人)、ギター、チェロというシンプルな3人編成で、バラード中心にステージは進む。今まではロックバンドでガンガンやっていたので、ピアノの弾き語りでステージに立つというのは人生でほぼ初めてらしい。

 かつてのファンを前に堂々としたステージを披露した森友さん。今後はリリース、ライブと続いていくことでしょう。次回(3月)のライブはバンド編成でやるということです。

 で、いつのリリースかわかりませんが「絆(フルアレンジver)」という新曲に少しだけ参加しました。サウンドトリートメントとコーラスで少し。

 しかし渋谷公会堂がCCレモンホールとなって2〜3年経つが、未だに慣れない・・・。俺は今も渋公と呼んでいます。

 8時だよ!全員集合!をやっていた場所。BOOWYが解散宣言をした場所。バービーボーイズの解散ライブもここだった。色んな伝説が生み出された場所です。

2009.12.24 Thursday

プレゼント

 部屋の掃除をしながら再放送している水戸黄門(数十年前のもの)を観ていた。勧善懲悪というわかりやすいテーマを掲げて脈々と現代まで続く水戸黄門。今日はその威力を垣間見た気がした。

 悪代官やらそれに繋がる悪徳業者の土下座などが過ぎ、父娘が織りなす最終局面、わかりやすいお涙頂戴的なシーンを観ていた俺に頬に一筋の涙・・・。

 こ、これは・・・俺は自分を疑った。間違っても水戸黄門で泣くわけがないとたかをくくっていた俺が涙!? そ、そうか!これだったのか!これが延々と日本人の心を掴んで離さない粘着質なドラマの本質!

 そして観終わったあとの清々しさよ。この、ある意味大差ないストーリーの繰り返しが、日常に疲れた人々の心を洗うのだろう。

 俺は本当の大人になった気がした(笑)。そしてきっと近い将来、演歌に心を揺さぶられるはずだ。幼少期よりそれほど興味の持てなかった演歌の染み入るワビサビに感動するはずだ。

 そう、これがサンタクロースが俺にくれたクリスマスプレゼント(笑)。ビバ!水戸黄門! 皆さんの元にはどんなプレゼントが届きましたか? メリークリスマス!

2009.12.23 Wednesday

本日はありがとう

 今年最後のライブでした。来てくれた方々、どうもありがとう。古家君とのセッションもいつも通り楽しいものになりました。ぶっつけ本番のピンクレディー曲のグダグダ感もご愛嬌ということで(笑)。

 今年は例年に比べてライブが多かったようです。自分では気づかなかった。特に心境の変化はないんだけど、気づかぬうちにモードがライブになっていたのかもしれない。

 今日のMCでも話したけど、自分はミュージシャンでありたいと思っています。その中に作曲家、編曲家、作詞家、演奏家、もちろん歌い手という自分がいます。

 一つに限定する必要はないし、限定すると自分じゃなくなるような気がするし・・・。ということで来年もバランスを取りつつ、一人の音楽家として歩んでいきたいと思っています。今後とも大いによろしく!

2009.12.22 Tuesday

北海道

 ちょいと用事があって北海道に帰っていました。しかし移動は疲れる! どこへ行ってきたかというと・・・。
20091220135351.jpg

 伊達紋別(だてもんべつ)! 函館や北檜山←→札幌間の移動で何度もスルーはしてきたんだけど、降り立つのは初めて。なかなか良き街でした。

 なぜ行ったかというと親族の見舞いです。俺を一時期育ててくれた祖母を見舞ってきました。元気そうでよかったー。

 この街には母方の叔母夫婦が住んでいます。こんなのも食べたよ。チップ(ヒメマス)のルイベ。洞爺湖で釣ったんだって。
20091219194538.jpg

 で、洞爺湖の温泉にも連れてってもらった。その途中、中学の同級生がやっている店に寄って挨拶。十数年前にばったり渋谷で会ったのが最後。地元で家業を継いでいます。「白いおしるこ」という商品を作り出し、全国展開している職人です。詳しくはまた後日の日記に。

 洞爺湖からの帰り道、不思議な名前のスーパーを発見したのでパシャリ。
20091219183803.jpg

 読みにくいかもしれませんが「ウロコ」と書いてあります。普通のスーパーです。インパクトあったわー。

 ということで明日は今年最後の弾き語りライブ! お時間のある方は是非遊びに来て下さい!

2009.12.18 Friday

動画

 あっという間に数日が過ぎ去った。これが師走かぁ。

 どうやら知らないうちに我がスタッフがこんなものを作ってくれたようです。次回のsongbookに収録されている「Glorious」
 1・23の高田馬場クラブフェイズでのライブで先行販売(通販は2.10)します!「俺は君の親」のアレンジバージョンや「愛言葉」、「ここに君いて」のリアレンジも入っています。是非当日は会場へ


 ちなみにじゃーまね日記もよろしく

 さて、来月のワンマンばかりに視点が行っていますが、今年最後の弾き語りもあります。12・23にいつものマーキー。古家学君とのジョイントです。クリスマスイブイブの夜にミキオに会いに来ませんか(笑)?

2009.12.15 Tuesday

出会い

 やはり師走。仕事絡みやいつもの仲間との飲みが多くなってきた。気をつけねば。

 しかしそういう会で新たな出会いがあるのは嬉しい。業界の先輩やら他業種の方やら、色々お話が出来ている時間は喜びだ。先日の福山君の打ち上げでも良き出会いがあったよ。出会いこそ人生。

 昨日も出会いがあった。後輩君(同業です)の家で仮歌の作業をしたのだが、そこで若手ボーカリストにデモを歌ってもらった。人柄、もちろん声質もいい。今後も頼むであろう若手君だ。

 で、人の作業ってあまり見る機会がないので、結構面白かった。というか収穫があったよ。自分の作業に足りないことも見えたし。

 そんで今日、友人の店で夕食をしている時に久々の再会があった。90年代にお世話になったスタイリストさんだ。「Little Flowers」を始め、幾つかのミキオ作品に関わってくれた方だ。しかもその店があるのは普段行かない街。東京とはいえなかなかそんな偶然はありません。

 話は変わってついさっき(AM 1:38)、歌スタハンターの先輩から突然の電話。今日の歌スタのミキオの意見、わかるわかる!と伝えたくて電話をくれたそうだ。嬉しかったなぁ。地元札幌の先輩でもあるので今後とも仲良くさせて頂きたい方だ。

 出会って話して刺激を受けて、今度は出会って話して刺激を与える。まさに出会い系ギブ&テイク(笑)。今後も良き出会いをしていきたい。

2009.12.11 Friday

自転車

 自転車がブームだそうな。確かに車に乗っていると車道の脇を走る自転車を良く見る。しかもかなりのスピード。

 自転車は歩道を走っちゃいけないそうだ。歩道だと歩行者がいるので速く走れないし、ぶつかることもアル。

 それは大いにわかる。わかるのだが半分くらいは納得できない。というのも車道はもっと危険ではないだろうか? きっと自転車に乗っている人も命の危険を何度も感じたことがあるだろう。

 路駐の車を避けるようにすると、絶対的にビュンビュン走っている車道側へはみ出す。大型車の風圧を受けヨロける。車が左折するとき、後ろから思わずつっこんでしまう・・・。

 もちろんそれぞれがかなり気をつけて自転車と車を運転していれば事故は起こらないが、やはりそこは人間、うっかりミスはある。そのミスが命取りになる。

 だからといって歩道を自転車がビュンビュン走れと言っているわけではない。ただ命に関わるという意味では自転車が歩道を走るほうが安全だとは思う。

 だから歩道をveryゆっくり走るということにしないか? スピードは我慢さ。イライラも押し込めて。歩行者と共生しつつ上手く走ることは出来ないか?・・・なんてこと言っても法律で決まっているらしいので、犬の遠吠えにしかならんけど。

 国土が狭い日本なので、全ての道路に自転車専用道路を作ることは無理だろう。しかし比較的広めの幹線道路の脇には作れるかも。というかそういう動きはある。住み分けが出来れば事故も少なくなるね。予算はかかるけど(ここが問題)。

 歩行者も自転車も車も怖い。それぞれの立場になれば全て怖い。だからそれぞれの視点ってやつを持ちたいね。車は急に止まれないし、逆に歩行者は止まってくれるだろうという意識を捨てる。周りが見えていない運転者も結構いるからさ。相手の立場を考えるってのは人生の基本の一つかもね。

 さて、今日は雨。夜は福山潤君のアルバム完成打ち上げに参加します。気さくでナイスガイな必殺仕事人です。初めて飲むなぁ、楽しみ。そういや先日のライブにも来てくれたっけ。しかもCDを買ってくれた模様。嬉しいね。
1/2 >>